ホーム > 金融 > スマートな取引

スマートな取引

「スプレッド」とはFX取引は通貨を取引して利幅を生む商取引です。

 

トレードの値は、1日中変化しています。

 

これがマーケットです。

 

ニュースサイトを見ていると、通貨の為替相場の情報が流れる状況があります。

 

例としてあげると、「ドル相場は80円50銭から52銭で取引されています」という風にです。

 

それは80円50銭から80円52銭の幅の中で買ったり売ったりされているという意味ではなく、ドルの買値が80円52銭、売値が80円50銭であることを表しています。

 

つまり、売り買いには買値と売値の価格が存在している事を表しています。

 

売値のことをBID、買値のことをASKと表示しているFX業者もあります。

 

平常時には買値よりも売値が安い価格になっています。

 

投資家が買値は高く、売値は安くなるものです。

 

この差分をスプレッドといい取引会社の収益のひとつとされています。

 

スプレッドの広さは取引会社によって変わります。

 

スプレッドの幅は投資家にとってコストになるので狭いFX会社をセレクトしたほうが得です。

 

ただ、同じ会社でも状況によってスプレッドの狭さは大きくなったり小さくなったりします。

 

例えば通常時はドル円の組合せでたった1銭のスプレッドの狭さだとしてもマーケットの上下がとても大きい場面では大きくなったりする状況があります。

 

そういう訳で、スプレッドが狭いのと同じく変化が少ないのが重要です。

最近では変化しないスプレッドの幅を表示するFX会社も多数あったりします。

現実にFX会社の取引画面の上で本当の相場をチェックしなければわからないので面倒ですが重要な事です。

 

大切なお金を投じて売り買いをするのだからリアルな取引の前に、興味がある会社の新規取引口座開設を全部して示されているスプレッド幅をチェックしましょう。

 

同じ通貨の組合せ、その時点の為替の状態によって、外貨のスプレッド幅は異なることがあります。

 

おおむね、インターバンクマーケットで取引量の多い外貨ではスプレッド幅が小さくそれ以外の通貨ではスプレッドの幅が広がるのが一般的です。

 


関連記事

スマートな取引
「スプレッド」とはFX取引は通貨を取引して利幅を生む商取引です。   ...
スマートな取引
「スプレッド」とはFX取引は通貨を取引して利幅を生む商取引です。   ...
テスト
テスト記事です。...